文字サイズ
SCROLL
草木茂る棚田の風景と、青い空と海が広がる風景。 干潟にて潮干狩りをする風景。 稲穂が実る田で餌をついばむコウノトリと地域の人。

30by30 2030年までに国土の30%以上を自然環境エリアとして保全

30by30とは

潮干狩りをする人と小鳥たちの様子。

2021年G7サミットで約束
2030年までに国土の30%以上を
自然環境エリアとして保全

30by30(サーティ・バイ・サーティ)とは、2030年までに生物多様性の損失を食い止め、
回復させる(ネイチャーポジティブ)というゴールに向け、
2030年までに陸と海の30%以上を健全な生態系として効果的に保全しようとする目標です。

「ポスト2020生物多様性枠組」案の主要な目標として検討されており、
2021年6月に英国で開催されたG7サミットにおいて、
コミュニケの付属文書として合意された「G7 2030年 自然協約(G7 2030 Nature Compact)」では、
2030年までに生物多様性の損失を食い止め、反転させるという目標達成に向け、
G7各国が自国の少なくとも同じ割合を保全・保護することについて約束しています。

30by30ロードマップ

2021年時点、保全保護できている陸域20.5%海域13.3%。2030年までに少なくとも30%の保全保護達成を目指し、次の中間目標を設定。2021年、OECMを国が認定する仕組みを検討2022年、30by30ロードマップをCOP15にて公表2023年、少なくとも100地域以上でOCEMを認定

30by30の達成を目指すため国立公園等の拡充のみならず、
里地里山や企業林や社寺林などのように
地域、企業、団体によって生物多様性の保全が図られている土地を
OECM(Other Effective area-based Conservation Measures)として
国際データベースに登録し、その保全を促進していきます。

OECM認定により期待される効果

  • 脱炭素

    CO2の吸収・固定、
    防災減災に
    寄与する
    自然の再生

  • 循環経済

    プラ代替の
    バイオマス資源の
    持続的な生産

  • 農山村

    鳥獣被害の防止や、
    恵み豊かな里山の維持

  • 地元の安全安心な
    食べ物の生産

  • 健康

    免疫力を高め、
    健康な生活を支える
    身近な自然とふれあう

  • いやし

    疲れを癒し、
    充実した余暇を楽しみ、
    心を潤す

農道を歩いて渡るトキの群れと車。

30by30アライアンス

30by30目標達成に向け、今後日本として現状の保護地域(陸域約20%、海域約13%)の拡充とともに、
民間等によって保全されてきたエリアをOECMとして認定する取り組みを進めるため、
有志の企業・自治体・団体の方々による「生物多様性のための30by30アライアンス」を発足いたします。
まずは、2023年までに少なくとも100地域以上のOECM認定を行う予定です。

目標達成のためには、地域、企業そして一人ひとりの力を結集してオールジャパンで取り組む必要があります。
ご参加いただける方は下記ボタンより参加申し込み方法等をご確認ください。

アライアンスの全体構造

発起人・コアメンバーが呼びかけを行い、民間企業や地域金融、個人、農業・林業・漁業者・観光事業者、地方公共団体、NPO等から賛同、参加を集め、30by30達成に向けた取り組みの輪を広げていきます。発起人・コアメンバーは後述を参照。

参加企業団体

発起人・コアメンバー

  • 日本経済団体連合会
  • 経団連自然保護協議会
  • いきもの共生事業推進協議会
  • 企業と生物多様性イニシアティブ
  • 国際自然保護連合日本委員会
  • コンサベーション・インターナショナル・ジャパン
  • 世界自然保護基金ジャパン
  • 日本自然保護協会
  • 日本生態系協会
  • 日本ナショナル・トラスト協会
  • 日本野鳥の会
  • SATOYAMAイニシアティブ推進ネットワーク
  • 生物多様性自治体ネットワーク
  • 都市緑化機構
  • 国際協力機構
  • 国立環境研究所
  • 環境省
浜辺にてゴミ拾いを行う人たち。 植樹を行う人たち。 シュノーケリングを楽しむ人たち。

ロゴマークダウンロード

30by30の推進や呼びかけに向けて、ロゴマークをご用意しました。ぜひご活用ください。
ロゴマークをご利用いただくには、30by30アライアンスへご参加の上、
下記の使用届出書を事務局まで送付してください。
30by30アライアンス事務局 
E-Mail:30by30alliance※@※env.go.jp アットマーク前後の※を削除してメールアドレスを使用してください。


まずはこちらをご確認ください  
ロゴマーク使用規定

30by30 ロゴイメージ 30by30 ロゴイメージ(横長)

参加登録がお済でない方

アライアンス要綱 / 参加登録